スキャナマインド は、[自分の課題を可視化する] ためのツールですが、
スキャナマインド[プロ] は、これを [他人の課題の解決に協力する] 場面に拡張します。

何か課題を抱えた人に、そのテーマに関連しそうな[項目のリストアップ]と[項目間の関連度] の判断を行ってもらいます。 あなたは、スキャナマインドから[構造レポート]を受け取り、課題の隠れた本質を把握した上で、 回答者の課題解決に協力することができます。

患者やクライアントは、自身に問題があることは認識していても、その構造までは認知できていないことが多いものです。  医師や コンサルタントや コーチなどにとって、まずは相手の課題の本質を見極めることが必要ですが、これは案外と手のかかる作業です。

スキャナマインド[プロ] は、この [課題の構造を明確にする] プロセスを効率化し、
あなたが 回答者の課題の解決に専念できるよう支援します。

コンサルタント版のフロー図 依頼メール作成ページ 回答依頼メール 回答依頼メール内をクリック 回答ページ 完了通知メール 完了通知メール 閲覧サーバ

あなたは、まず[依頼メール作成]ページ で [テーマ]などを設定し、依頼メールを送信します。
このメールを受信した回答者がメール内の行をクリックすると、回答ページにジャンプし、
[項目のリストアップ]と[項目間の関連度]の回答を行ってもらいます。

回答者が答え終わると、完了メールが自動送信され、あなたに届きます。 そのメール内の行をクリックすれば、スキャナマインドが可視化した 課題の[構造レポート]を得られます。

あとは、あなたの専門性を生かして、問題の隠れた構造を読み取り、回答者の課題解決に お役立てください。

それでは、スキャナマインド[プロ] の使い方を、簡単に説明します・・ 次へ >