スキャナマインドのレポート実例を見る

スキャナマインドで、どんな結果を得られるのでしょうか?

コンピュータを利用した通常の診断システムでは、診断側が予め用意した質問に答える形が多いのですが、 スキャナマインドでは、自分がリストアップした項目について答えることになります。 これが スキャナマインドの大きな特徴です。

診断側が用意した枠組みによる評価ではなく、[あなたの課題]の構造が可視化されるのです。

 

これからスキャナマインドのレポート実例をご覧いただきます。

ある人が『自分にとってのしあわせ』をテーマとして設定し、このテーマに関連する項目として「笑顔」「家族」「ゆったり」「休暇」「南の島」 「青空」「風」「やさしさ」「シャンパン」などの15項目をリストアップし、 スキャナマインドを実行した際の結果の実物です。

 

このケースでは、レポートは全部で12ページです。
レポート画面右下の【次へ】のボタンをを押して進むと、全てのページをご覧いただけます。

それでは、ご覧ください・・・ 次へ >